試験受かる前に報告する理由 no.324

日本中に脚からはじまる健康を!
健康と美脚のトレーナー金井みちよです

昨日、試験を受けてきました!

IMG_8351

この資格をとるために
昨年から準備していました  😉 

受験資格に必要な別の資格をとるところから
その準備は始まりました

昨年、毎日450分(90分×5講座)
大学教授やドクターの講義受講
これを数週間

筆記と実技の試験をうけて合格

その合格をもって受験資格をゲットし
今年はもうひとつレベル上の資格にチャレンジ

同じく
毎日450分の講座を数週間

睡魔との戦い
今の仕事と直結するので
ほんとに楽しい受講だった!

その集大成が昨日の筆記試験です :-) 

運動指導で、現在国家資格はありません

一番国家資格に近いと言われている資格です

どんな講義を受けていたかというと

◇生活習慣病について
・メタボリックシンドローム
・肥満
・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病
・虚血性心疾患
・ロコモティブシンドローム
・ガン
・慢性閉塞性肺疾患
・認知症

など

IMG_8357

心電図の読み方とか
(以下画像は健康運動指導士テキストから引用)

IMG_8355

運動が血糖値の改善になぜいいかとか

FullSizeRender 88

身体が動く仕組みを力学で

こんな力学とか物理とか
学生時代授業でやったかな〜
そんな授業なかったんちゃうかな〜
全く記憶にごじゃりません 😆 

IMG_8359

病気をお持ちの方には
どんなリスクが考えられるか
どんな運動がよいのか

身体が動く仕組みはこうで

食べたものが身体の中でどう変わるのか

それらを理解し
私たち運動指導者は
運動プログラムを作成します

こんなね
試験うけてます〜
なんて
ブログやFacebookに載せるなんて

そんなんね
もし不合格やったら
恥ずかしいやないですか 😛 

合格してから
「実はこんな試験受けてたんです」
「ますます頑張ります!」
って
公表したほうが
かっこいいやないですか 😆 

でもね

私がこの資格とった理由のひとつが

「私たち運動指導者は、身体のことを勉強していますよ」
「どうぞご安心ください」

これを伝えるためなんです〜
だから
合格しようがしまいが
勉強していることを伝える必要があるんです

あ、ここまで勉強したんだから
合格はしたい!! 😉 

きっかけがありまして

こんなやりとりをしたことがあるんです

「健康美脚ということですが、どんなことを学ばれてきたんですか?」
「え?勉強ですか?
いろいろありますが
分野でいうと機能解剖学とか、生理学とかです。
例えば、
どういう仕組みで身体が動くとか、
食べたものがどうなって吸収されていくのかですね!」
「・・・・はぁ・・・」

予想してた回答でなかったようです 😆 

あとで考えると
きっと
「○○メソッドを学びました!」
みたいな回答が欲しかったのかな〜と 😛 

こんなこともありました

解剖図で身体の仕組みを簡単にご説明して
だからこうやって動かしてみましょうとお話したら

「へえ、トレーナーさんってそんなことも勉強してるんですね」

お話をきくとトレーナーって
・運動神経がいい
・スタイルがよい
・スクワットとかを何回やればいいかを知ってる

こんなイメージだったようです
確かにそうですよね 😉 

脳みそまで筋肉!
なんてイメージされる方もおられるかもしれません

運動指導者は
ほんまにみんな
かなり勉強しています

難しいことを学んでますが
できるだけ簡単にみなさまに説明しようとしてます

身体のことなんて
ひとりひとり違うので
正解はないんですけど

それでも

身体の基本がわかってこそ
ひとりひとりの身体に合わせた指導ができます

「私たち運動指導者は、身体のことを勉強していますよ」
「どうぞご安心ください」

これを伝えたい!
そのために
まず自分が基礎から、も一回勉強したい!

そう思ったのが2年前です

合否が10月中旬です

受かってますように
受かったらお祝いしてねん

あはー

みっちょん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です