ページトップへ

食べ過ぎたらやってること翌日編 no.281

翌日に
こんなことやってます

金井みちよです 🙂 

 

お正月がすぎましたね

 

食べすぎて
太っちゃった〜

 

って

 

いう方もおられるかな

 

 

 

私も
もちろん

食べすぎるときあります

 

 

はぁ
またやっちゃったー

 

って

自己嫌悪に陥ってた
毎日もあります

 

 

今は

食べても
怖くなくなりました 😉

 

 

私が食べ過ぎたときに
していること

 

 

 

翌日に

・お腹がすいたら食べる
・身体活動量を増やす

 

 

 

ここで
おさえてほしいこと!

 

 

それは

 

 

 

翌日が大事!

 

みなさん
食べたらすぐに脂肪になって
お腹や顔や太ももについちゃう

 

って思ってません?

 

なわけない 😎 

 

食べたものはすぐに
脂肪になるわけではなく

 

エネルギーとして
筋肉や肝臓などに蓄積されます

 

FullSizeRender 43

 

エネルギーってなんやねん!
ですよね

 

FullSizeRender 44

 

……

 

 

ここは難しい
栄養生理学は抜きにして

超簡単にいいます 😆 

 

 

食べたものはですね
一旦筋肉や肝臓などに
貯蓄されます

 

 

その貯蓄を使って
身体が動いてるんですね

 

 

言い方変えると

 

身体を動かすときに
貯蓄されたものが
使われるということですね

 

 

それは

 

しばらく
食べ物が入ってこないときに
使われるんですね

 

 

そう
空腹時に
使われるんです

 

 

ということは
昨日食べ過ぎたのに

 

ただでさえ
貯蓄してるとこが
こぼれそうなくらい食べてるのに

 

小腹がすいたー
とかゆうて
翌日も食べる

 

そのうえ
身体を動かさない

 

となると

 

貯蓄されたものが
使われる出番が少なく

 

そのうえ
また貯めようとしてる

 

もう貯めれない〜

 

はい!!

 

脂肪になります!

 

うわー
超簡単にゆうてるから
栄養士の先生に怒られるな 😛 

 

 

ということで

 

私が
食べ過ぎたときにしていること

 

 

翌日に

・お腹がすいたら食べる
・身体活動量を増やす

 

 

です

身体を動かす
身体活動量を増やすということです

 

 

運動してもいいけど
そない運動をふやせないと思うので

 

階段をつかったり
お掃除をしたり

お洗濯したり
買い物いったり

 

それら
日常生活の活動量を
いつもより増やします

 

 

どうですか?
これならできそうですか?

 

 

そうそう

 

お腹が空いたら食べる

って

朝食を抜くとか
夕食を抜くとか

 

食事を抜くって意味じゃないよ

 

 

食べ過ぎたらやっていること

 

一番大事なことがあります

 

 

次回は本質編です

 

ではまた〜

みっちょん

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。