ページトップへ

アンチエイジングフェアでいただいた腰に関する質問no.348

治すのはドクターへ
身体の動かし方はトレーナーへ

やりたいことをやりたい時に!
いつでも動ける身体へ!

健康と美脚のトレーナー
金井みちよです

アンチエイジングフェアでは
美尻セミナーを担当しましたが

33657776_1712732762153603_7799159846414057472_n

時には真面目に

33585802_1712732788820267_338223116872318976_n

ほとんど
時にはおもしろく

心をこめて
お話しました 😉 

最後の質疑応答や
終了後に通路でお会いした方々から
ご質問をいただきました

次の会場の準備等あり
ゆっくりお話できず
申し訳なかったなーと 🙁 

ので

文字にして
ここで回答します!

ご質問してくれた方
このブログ見てるかな

Q
「腰に○○という診断を受けてて
安静と言われてますが
何かできることはありますか」

素晴らしい心がけです!

結論からいいますと

A
・ドクターの指示通り
・その上で痛みがないところを動かす

です

これはあくまでも私の考えです 😉 

他にも
腰に関係するお悩みを
ご質問くださった方が
いらっしゃいました

きっと
セミナー中の質問で
マンツーマン指導をしている方が
腰痛があって来られてる
と言ったからかな

大前提として

私たちトレーナーは
医療従事者ではないので
治すということはできません

怪我や疾患がある場合
必ず
ドクターの受診・指示をいただき
禁忌事項を確認してもらいます
(やってはいけないこと
動かしてはいけない角度など)

運動の許可があれば

その上で
プログラムを考えます

例えば
患部は安静だけど
他は動かしてもいい

と指示があれば

私なら

怪我から遠い部位から
ゆっくり動かします

・手首足首
・ふくらはぎ

など

手首足首回したり

ふくらはぎを
ストレッチや
セルフマッサージ

つま先だちなどで動かしたり

ご自身でも安全にできそうな
内容のことをしていただきます

これらが問題なく
怪我に影響がないことを
随時確認しながら

・肩周り
・太もも

なども
ストレッチやエクササイズをはじめます

肩を片方ずつ回したり
太ももをさすったり
ゆっくりストレッチ

ご自身で
痛みがないのを
しっかり確認しながら
やっていただきます

怪我をしたときは
どうしても
身体活動量が落ちます

身体活動量が落ちることによって
怪我していない部位が
硬まったり
痛みがでるのを少しでも減らしたい

痛みが出ないことを
優先させて
セルフケアしていただいてます

私のパーソナルレッスンでは
身体の使い方、動かし方を
かなり細かくお伝えしています

ゆうときますけど

めちゃ
地味です 😆 

「地味やけど
あとでジワジワキツイんですけど〜」

よくいただく感想です 😆 

ということで
長文になりましたのでまとめます

Q
「腰に○○という診断を受けてて
安静と言われてますが
何かできることはありますか」
A
・ドクターの指示通り
・その上で痛みがないところを動かす
・身体の動かし方、使い方を丁寧に

焦る気持ちは
とってもわかります!

どうぞ
身体からのサインを
聞きながら
セルフケアされてくださいね

早く
良くなられますように

アンチエイジングフェアセミナーに
ご参加くださいまして
ありがとうございます

みっちょん

******************
最近のブログ

・アンチエイジングフェアで美尻セミナー
・心と身体をゆるめるコラボレッスン
・西宮市のカイロプラクティックに行きました!

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。