ページトップへ

先生によって言うことが違う?no.247

健康は美しい
美脚トレーナーの金井みちよです

先日メイクを習ってきました!

ありがたいことに講演やワークショップのお仕事をいただくのですが
スーツやトレーニングウエアだったり
仕事内容によって衣装が変わります

それにあったメイクを習いたいとこちらに参りました

image

日本パーソナルメイク協会
パーソナルメイク1級と2級です

image

2級ではベーシックメイクを習い
1級では骨格や肌色タイプに合わせたメイクを習います

image

使用前

image

使用後 😆

image

どアップ失礼しました :mrgreen:

image

楠雅代先生
楽しく学べました!ありがとうございます

同席してた方からこんな言葉がありました

「◯◯で習ったのと違う」
「いろいろやり方があってどれが正しいのかな」

同じようなことを
エクササイズの場面でもお聞きします

 

「ヨガでは呼吸をこうすると習いました」
「腹筋を何回やっても意味はないと聞きました」
「体幹トレーニングってこれでしょ?」

その度に私は思うんです

「みなさん、ほんますごい!」

健康になりたい
綺麗になりたい

その気持ちから情報収集し、そして実践されてる
(実践してますよね?笑)

「どっちが正しいんですか?」

って聞かれたら私はこう答えてます

「どっちも正解でーす」

ガッカリかな? 😆

どの運動指導者も
その方にとって良いと思うことを伝えてます

もし全く逆のことを言う指導者がいたとしても
ゴールは同じ、アプローチが違うんです

ま、こんなんゆうてますが
私も時には思い違いしてずれたこと言うときもあります
一生勉強です… 😳

ですので

情報収集がたくさんできた方は
ただやるだけでなく

なぜその動きが必要なのかを
頭で理解して
実践するのもいいかもですね

私の美脚レッスンでは
できるだけ簡単な言葉で
皆様に身体の使い方、動かし方を感じてもらうよう努めてます

身体はまだまだわからんこといっぱいです〜

だから楽しいですね!

ではまた〜
みっちょん

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。